2011年8月11日 (木)

僕らのキズナは、海より深い!

こんにちは!株式会社リトルグローブです。

今日もドラえもん映画をご紹介したいと思いますヽ(´▽`)/

なんてったって毎日暑いので、少し涼しげな映画にしましょう。

今日ご紹介するドラえもん映画は、「ドラえもん のび太の人魚大海戦」です!

Photo

伝説の“人魚の剣”をめぐり、海底を舞台にドラえもんやのび太たちが大冒険を繰り広げる!

あらすじ
“架空水”という道具を使って、町を海にして遊んでいたドラえもんたち。そこに、5000年前にアクア星から地球にやって来た人魚族の王女・ソフィアが現れる。人魚スーツを着て海底冒険に繰り出したドラえもんたちだったが、しずかちゃんが何者かにさらわれてしまう。そして、伝説の“人魚の剣”をめぐる人魚族と怪魚族の戦いが始まり……。

空き地で繰り広げられる日常の風景にはじまり、
世界の不思議な伝説を紹介する様子は、かつての「映画ドラえもん」を思い出します。

しかしもちろん、懐かし映画ではない。
架空水面シミュレータや、宝探しペーパーといった、魅力的な秘密道具の登場があり、新しい世代にドラえもんの魅力を伝える役目を充分に果たしているます。

株式会社リトルグローブは親戚の子と一緒に観たのですが、子供が楽しめる内容になっており、親戚の子も大変喜んでいました(v^ー゜)

ドラえもんと、ドラミちゃんの競演は嬉しかったです。
2005年の4月に声優陣が刷新されてから、もうかなり経ちますが、だいぶ慣れて来ました。以前はドラえもんの声(昔、大山 のぶ代→今、水田 わさび)が可愛い過ぎるな~と思って違和感を感じていたのですが。

今ではもう全然慣れました(゚ー゚)

始まって10分後くらいにのび太らが住む町が海底になり魚たちが泳いでるシーンが株式会社リトルグローブは好きですsun


2011年8月10日 (水)

君は 誰を 守れるか

こんにちは、株式会社リトルグローブです!

今日ご紹介するドラえもん映画は、「ドラえもん のび太の太陽王伝説」です!

Photo

あらすじ
タイムホールの故障により、のび太(声・小原乃梨子)の部屋と、古代王国マヤナ国が繋がってしまった。
のび太は自分にそっくりなマヤナ国の王子・ティオに会う。たわむれに入れ替わった二人だが、性格が正反対なために、いろんなトラブルを引き起こしてしまった。
一方、魔女レディナが、ティオの友人ククを誘拐する事件が起こる。レディナはティオの母に呪いをかけた宿敵だった。
ティオとのび太、ドラえもん(声・大山のぶ代)たちは力を合わせ、魔女退治に出発する・・・

この映画はのび太君の、優しくて頼りなくて、でもすっごく愛らしさが前面に出ていて大好きです。
王子と入れ替わった後、王子としていろいろな人に振りまく愛らしさ、小原乃梨子さんの声が非常に合っていて、ホッとさせてくれます。
サカディでののび太のちょっと笑える?登場シーン。
そして決め台詞。すべてがイイ!!

別れのシーン。
賛否両論あるかもしれませんが、株式会社リトルグローブは好きです。
王としてみんなの前に立つティオ、それをそっと見守るみんな。
せっかくかけがえの無い友情が芽生えたのにもかかわらず、突然のもう2度と出会えない別れ。
あの後、ティオは別れも言わず突然いなくなったのび太達を探すのでしょうか…。
そう想像して胸がキュンとなってしまいました。

しかもキャッチフレーズが
君は 誰を 守れるか』ですよ?


もう一回みよっと・・・(´;ω;`)

2011年8月 5日 (金)

バギーの勇気に涙!!

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

子供たちは、夏休みです!

夏休みといえば、この映画でしょう!

のび太くんたちが夏休みに海底piscesを大冒険するお話です。

「ドラえもん のび太の海底鬼岩城

【あらすじ】

夏休みにドラえもんとのび太たちは海の底でキャンプをすることに。

のび太たちは海底キャンプを楽しむが、突然、大イカに襲われ、危ないところを海底人に助けられる。

海の底には人間から隠れて暮らす海底人の国“ムー連邦”があったのだ。

のび太たちは海底人に幽閉されるが、エルという海底人と友だちになる。

そんなとき、バミューダ・トライアングルにある鬼岩城のコンピュータ“ポセイドン”が攻撃をしかけてくる。

ポセイドンはとうの昔に滅んだ国“アトランティス”のコンピュータで、海底火山の噴火を敵の攻撃と勘違いして攻撃を始めたのだ。

果たしてドラえもんたちはポセイドンを止められるのか!?

夏休み退屈しのぎに キャンプに行こうとしたのび太達におこる ドッキドッキのワクワクアドベンチャー。

海底にキャンプに行って 次々起こるハプニング!
巨大イカがいたり 巨大な魚がいたり。

ドラえもんから次々出るアイテムに心が踊る。
どこにでも適応する適応灯や、プランクトンで出来ている食事 海底での家
そして♪なんといっても 口の悪いひねくれもの しずかちゃん大好き バギーカーのバギーちゃん♪

冒険の中で しずかちゃんの優しさに バギーちゃんは 心開いていくんです。
海底の中に 存在する世界を滅ぼす コンピューターポセイドンに立ち向かう。
最後は涙涙です。

しずかちゃんの涙によって
臆病者のバギーが最後に見せた勇気 しずかちゃんを守りたいと思ったバギーちゃん。
実はバギーは ドラえもんのポケットに、ポセイドンが怖くて隠れてたのですが、しずかちゃんの涙により ドラえもんのポケットから 飛び出していく。まるで、「僕は君のためにこそ死ににいく」の特攻隊のように。

パラレルワールドの中の、実際には起こり得ない 出来事ばかりですが ドラえもんって 叶えて欲しい願望が叶えられる 本当に夢のある映画ですね♪

仲間って友達っていいなって 心から思える映画だと、株式会社リトルグローブは思いました(^^)d

2011年8月 1日 (月)

社会風刺的なストーリーがつぼ

こんにちは、株式会社リトルグローブです!

今日は、「ドラえもん のび太のワンニャン時空伝」を紹介しようと思います。

あらすじ
川で溺れかけていた仔犬、イチを助けたのび太は、山に捨てられた犬猫たちとイチと一緒にタイムマシンで3億年前の世界に着いた。人間が誕生する前の犬猫たちが暮らすワンニャン王国。涙を流しながらイチに別れを告げたのび太だったが、時空のねじれが起きたことから大変なことに……。

旧ドラえもんの声優さんによる最後のドラえもん映画というだけあって、映像、脚本、演出共に素晴らしかったです。
テーマも「時」「歴史」という事で、今までの映画シリーズの中で一番重く、身近なもので子供にも作品中のメッセージが伝わりやすいものでした。

捨て犬、捨て猫を拾うところから始まる社会風刺的なストーリーがつぼでした。

それだけでなく、タイムマシン中の時空のゆがみで若返ったり年をとったりする伏線が最後に活きてて、そうだったのかーとサプライズもある流れも素敵。

ラストのシーンは思わずほろりときてしまいました。
脚本の方いい仕事してるなーと思いました。

ドラえもんは「メッセンジャー」「警告者」なんだと改めて認識することが出来ました。

2011年7月28日 (木)

ジャイアンの半分は、やさしさでできている

こんにちは、株式会社リトルグローブです( ^^ )

今日は、「ドラえもん のび太のドラビアンナイト 」を紹介しようと思います。

ドラえもんの四次元ポケットが奪われてしまうというちょっと変わったストーリー。

あらすじ

絵本の中に入って遊んでいたのび太たちだったが、しずかだけが『アラビアンナイト』の中に閉じ込められてしまう。彼女を救うため時空を越えて西暦794年のアラビアにたどり着いたドラえもんたち。しかし四次元ポケットを盗賊に盗まれてしまう。やがて4人はシンドバッドと知り合うが、シンドバッドが盗賊にさらわれて……。

アラビアンナイト×ドラえもん=ドラビアンナイト、となり
ドラえもんの世界観を上手にアラビアンナイトに溶け込ませています。

小学生の頃から何度も何度も見てますが、深いです。

毎回いろんなことを気づかせてくれます。

そして、『映画ドラえもん』のジャイアンの半分は、やさしさでできていると株式会社リトルグローブは思います。

原作でも、そのやさしさの十分の一でもいいから見せてくれれば、もっと平和になるんですけどねぇ(笑)。
でも、ジャイアンの理不尽な暴力や理不尽な要求があるからこそ、劇場で発揮されるジャイアンの男らしさ、やさしさが、より心に染みてくるのかもしれませんね。

またゲストキャラクターも魅力的。
最初の方のシーンには、とある藤子・F・不二雄キャラも出てきたりして
こういうお遊びも楽しかったです。

『映画ドラえもん』の中で知名度は、低いかもしれませんが、かなり手堅くまとまっている一本だと思います。

2011年7月27日 (水)

ドラえもん のび太の南海大冒険

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

今日は、「ドラえもん のび太の南海大冒険」を紹介しようと思います。

あらすじ

今回ののび太たちの冒険の舞台は南海の宝島。

夏休みの宿題の研究に海を題材に選んだのび太だが、『宝島』の本に夢中になった結果、自分も本物の宝島で冒険したいと言い出す。

即席の宝探しセットで冒険を始めたのび太たち。だがそんな一同の前に本物の海賊船が現れたため、ドラえもんは四次元ポケットを失くし、のび太も海に放り出されてしまう。海賊船に助けられたドラえもんは眼前のこの世界が17世紀だと知る…

海賊とか冒険の話が好きな人は魅力を感じる映画だと思います。
株式会社リトルグローブはそういったたぐいの話が大好きな方なので、すごく楽しめました!

この作品、藤子・F・不二雄没後に初めて作られたドラえもん映画なんですよね。

なかなか見ごたえがあったと思います。

スケールが今までより大きかったし、なにげにSFが入ってるのもドラ的だったと思います。

2011年7月22日 (金)

株式会社リトルグローブのロボット学校七不思議とは!?

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

今日は、「ドラミ&ドラえもんズ ロボット学校七不思議!?」を紹介しようと思います。

【あらすじ】

ロボット養成学校の卒業式を明日に控えたドラミが、お祝いのため20世紀から戻ってきたドラえもんと再会したその時、学校の中に突然ブラック・ホールが現れ、ドラえもんや校長先生、同級生たちはみんな飲み込まれてしまった。

運よく助かったドラミは、床に落ちていたドラえもんの“親友テレカ"を発見する。

テレカは強く発光し、仲間の元へ信号が送られた。

真っ先に駆けつけたのはドラ・ザ・キッドだった。

ドラミとキッドは次々に襲ってくるお化けロボットに苦戦したが、王ドラやドラメッドIII世、エル・マタドーラ、ドラニコフ、ドラリーニョらの手助けで勝利していく。

ブラック・ホールの正体が掃除機ロボットだと知ったドラミは、それを操っているのが以前に学校を管理していたダディ13号であることをつきとめた。

ダディ13号は古くなり使われなくなったのを恨んで、この事件を起こしたのだ・・・・・。

『ドラえもん のび太と銀河超特急』と同時に公開された日本のアニメ映画。

また、ザ・ドラえもんズが本格的に映画出演した最初の作品でもある。

ここでちょっと、映画に出てくる七不思議を紹介しますね。

<学校の七不思議>

掃除機ロボット(視聴覚室他)

工具の鉄人(工作室)

パイプオルガンロボット(音楽室)

跳び箱ロボット (体育館)

冷蔵庫ロボット (給食室)

模型ロボット (理科室→社会科教室)

ダディ13号 (リフレッシュルーム)

皆さんの通っていた学校にも七不思議はありましたか?

株式会社リトルグローブには、七不思議は今のところありませんが、探せばあるのかも知れませんよね。

結構探してみるのも楽しいかも知れませんよ!

2011年7月21日 (木)

株式会社リトルグローブのドラミちゃん主演映画!

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

今日は、「ドラミちゃん 青いストローハット」を紹介しようと思います。

『ドラえもん のび太と夢幻三剣士』の同時上映作品として製作された、ドラミの主演映画4作目。

2011年現在でドラミ主演の最後の映画でもあり、旧キャスト陣で制作されたドラミ映画の最終作品でもある。

【あらすじ】

22世紀の銀座を歩いていたドラミは、青いストローハットを被った案山子ロボットのクロウを見つける。

クロウの忘れ物を見つけたドラミは、彼を追って大きな城がそびえるロボットの街へ。

クロウはその城のオーロラ姫の結婚相手を決める舞踏会に紛れ込もうとしていたが、ライバルのロボットに案山子ロボットとバカにされ、城の中に入れずにいた。

あきらめるウロウを勇気づけて応援するドラミ。

そんな時、目の前の城が別の形に変化していく。

大水攻め、石にされる光線、巨大ロボットの攻撃などをかい潜って姫の前に到着したクロウだが、その時初めて自分に大切な友達はドラミということが分かるのだった・・・・・。

ノビスケ、のび太の先祖、セワシたちを描いた前3作に続き、本作では人間キャラクターが一切登場せず、ロボットのキャラクターのみの交流や活躍が見られる作品である。

なおタイトルの由来は、準主役であるクロウがかぶっている青い麦藁帽子。

過去3作品の「ドラミちゃん」シリーズは主題歌に必ず山野さと子「ハロー!ドラミちゃん」が使用されていたが、当作品では変更され、KUKOが歌う「友達なのに」が使用された。

なぜ変更されたのか理由は不明である。

たまには、ドラミちゃんの主演映画を観るのもいいものです。

ドラミちゃんの新たな一面が見つかるかも知れませんね。

株式会社リトルグローブもオススメします。

2011年7月14日 (木)

株式会社リトルグローブの孫悟空ののび太君がかっこいい!!

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

今日は、「のび太のパラレル西遊記」を紹介しようと思います。

【あらすじ】

のび太は「西遊記」の劇に出ることになったが、脇役で妖怪の一人なので面白くなかった。本当は孫悟空をやりたかったのだ。のび太は本物が見たくて、タイムマシンで当時のシルクロードへ向かった。

そこでのび太は女の子に悟空と間違えられて大喜び。

しかし、戻って来て皆に報告するが、誰も信じてくれない。

のび太はドラえもんと再びシルクロードへ行くがやはり、悟空は実在しなかった。

のび太はドラえもんに頼んでヒーロー・マシーンで悟空にしてもらうが正体はすぐバレてしまった。

ところがそのマシーンが欠陥商品で、マシーンからこぼれ落ちた妖怪が実際に西遊記時代で暴れ回わっており、本物の三蔵法師一行が危いという。

のび太やジャイアンはヒーロー・マシーンで再び悟空や猪八戒に変身し、妖怪を退治したのだった・・・・・。

話のきっかけは毎度同じくとてもくだらないことなのだが、のび太達の世界が妖怪の世界になってしまう様子は結構怖い。

西遊記の冒険アドベンチャーとドラえもんのSFの要素が見事にマッチしていて、見応えがある。

男の子はこういうの好きだと思う。

西遊記とのコラボ!?なので、もしあまり『ドラえもん』を知らない人でもとても入り込みやすい作品ではないでしょうか?
年齢&性別問わず幅広く楽しめる作品だとは思いますが、ゲームや戦い等の内容から、やはり男の子の支持の方が多いかもしれませんね…(笑)

2011年7月 8日 (金)

株式会社リトルグローブののび太の自由研究

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

今日は、「ドラえもん のび太の創世日記」を紹介しようと思います。

【あらすじ】

夏休みも後半にさしかかっているというのに、のび太は宿題の自由研究に全然手をつけていない。

そんなのび太のためにドラえもんは未来の世界から“創世セット"なるものを取り寄せてくれた。

それは宇宙の誕生から地球の発生までを短時間で見せるもので、まさに自由研究にはピッタリだった。

早速、のび太は良い世界を作ろうと神様になりきって、説明書通りに創世セットを作り始めた。

多少の失敗もあったが、なんとか生命の誕生期までこぎつけたのび太とドラえもんは、様子を見るためにその地球に降り立った。

しかし、生命の中心がまだ海の中であるのをじれったく思ったのび太は、ドラえもんに頼んで“進化退化放射線"を浴びせて魚の進化を速めてもらう。

ところが、その光線に一匹の虫が当たっていたことにドラえもんたちは気づかなかった。

しばらくすると魚たちは恐竜に進化した。

映画のような世界が展開するのを見てのび太は大喜びしたが、恐竜たちは小惑星の飛来によって絶滅してしまうのだった。

ミニ地球が誕生して46億年が経ち、のび太たちにもジャイアンやスネ夫、しずかちゃんらの仲間が増えた。

彼らは空の上から原始人の生活や薬師のおじいさんの生活などを観察するが、ミニ地球に他の知的生命の存在を薄々感じるようになっていた。

さらにミニ地球の時代は流れ、気球による南極大陸横断を果たした出来松博士が地底探検に出発したのに同行したドラえもんたちは、異常に進化した虫たちの世界を発見するのであった。

自然を破壊し地上を占領した人類に対し、挑戦的な態度の虫たち。

だが、ドラえもんの提案で別の創世セットの地球に虫たちが移住することを条件に戦争は回避され、のび太の作ったミニ地球は平和を取り戻し、自由研究は完成するのであった。

のび太が神の如く世界を創る設定には驚かされる。
ラストなんて世界の中に世界があって、そのまた中に世界があって…と本当に面白い。

2011年7月 7日 (木)

株式会社リトルグローブの原作者の藤子・F・不二雄の遺作

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

今日は、感動作品「ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記」を紹介しようと思います。

小惑星に作ったおもちゃの街を舞台に、おなじみドラえもんとのび太たちが活躍するジュブナイル・アニメーションの第18弾。

監督は「忍たま乱太郎」で総監督を務めた芝山努。

脚本は96年に亡くなった原作者の藤子・F・不二雄が前作「ドラえもん のび太と銀河超特急」に引き続き執筆し、これが遺作となった。

【あらすじ】

ドラえもんが持っていた22世紀の福引きの外れ券で美しい小惑星を手に入れたのび太は、生命のネジを使って、しずかちゃんたちとそこにおもちゃの街“ねじ巻き都市"を作ることにした。

ところが、エッグハウスで育てていたおもちゃのブタのピーブが、落雷の影響で突然進化を開始する。

ほかのおもちゃたちの指導者となったピーブは、やがて自分たちの手で街の建設を始めた。

一方その頃、脱走中の凶悪犯・熊虎鬼五郎がねじ巻き都市に紛れ込んでいた。鬼五郎はエッグハウスで自分のコピーを作ると、ジャイアンが見つけた金塊を狙って山奥の湖に向かう。

しかし、それは金塊ではなく形を自在に変えられる金色の怪物だったのだ。

ドラえもんの不思議な力を知った鬼五郎は、ドラえもんを利用して怪物を退治させようとする。

ところが、実はその怪物は、この小惑星に命を与えた“種まく者"であったことがのび太によって判明した。

種まく者からこの星を楽園にするように言われたのび太は、おもちゃたちと力を合わせて、街を征服しようとする鬼五郎たちに戦いを挑み、見事勝利を収める。

こうしてねじ巻き都市の平和は取り戻され、街をピーブたちに委ねたのび太たちは地球へ戻っていった・・・。

回のメイン道具は「命のねじ」。
人形やぬいぐるみにこれを巻くと命が芽生える。
さらに、「増殖ミラー(名前はてきとう)」
これに映ったものは増殖する。
そしてねじ巻きシティ(件の牧場)に落雷があり、
そのエネルギーでねじを巻いたぬいぐるみたちの一部が、
言葉をあやつり始める。

たのしいねじ巻きシティ。
そこにひょんなことから現実の前科百犯(悪い人)が現れ、
増殖ミラーで増殖。

前科百犯とそのコピーVSのびたたちとぬいぐるみ。

そこにねじ巻きシティ(牧場)の神様あらわる。

見慣れたテーマ、環境破壊。

結構面白かったです。

今までドラちゃんはどちらかというと兄貴的存在だと思ってた、
けど、かなり無邪気に遊んでる感じがした。
言わば友だち的存在。

2011年7月 5日 (火)

感動作品「ドラえもんアニバーサリー25」について

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

今日は、感動作品「ドラえもんアニバーサリー25」について、紹介しようと思います。

2004年に公開された映画「ドラえもん のび太のワンニャン時空伝」では、「ドラえもんアニバーサリー25」という作品を同時上映されました。
上映時間はたった5分という短い作品でしたが、とても好評だったので紹介します。

この作品は、ドラえもん映画25周年を記念して製作されたもので、ストーリー仕立てになっているものではなく、それまでのドラえもん映画の歴史を顧みる、短編のアニメです。
作品の途中までは、映像と音楽だけが流れます。
第一作目の「ドラえもん のび太の恐竜」から「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」までのアニメ作品を簡単に紹介していきます。
なつかしのキャラクター「ピー助」や「フー子」などや、最近のキャラクターまで数多くが登場します。
その中には、藤子先生が手がけた、ドラえもん以外のキャラクターである、エスパー魔美やチンプイなども登場します。
ドラミちゃんとミニドラが登場する場面があって、その後にドラえもんの声が初めて入ります。

ドラえもん映画25周年を記念した、というよりも、大山のぶ代さんが担当したドラえもん映画のエピローグという意味が込められているようです。
これが、大山のぶ代さんの映画最終作となったのです。

「ドラえもんアニバーサリー25」は、とても短い作品ですが、感動的でぜひ見て欲しい作品です。
「映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝」のDVDにも収録しているので、ドラえもんファンの方は、ぜひ見てくださいね。

たった5分間の作品ですが、過去の作品が一挙に見ることができることはいいことだと思います。

自分の中で忘れていた作品にも出会えるかもしれませんよね。

また、ドラえもんの映画が見たくなること間違いナシです。

株式会社リトルグローブも、オススメしますよ!

2011年6月30日 (木)

のび太が大好きな「裏山」について

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

今日は、のび太が大好きな「裏山」について紹介しようと思います。

映画「のび太と緑の巨人伝」は、「ドラえもん」で何度も登場する「裏山」から始まります。
この「裏山」は、のび太が通っている学校の裏にあって、のび太が大好きな場所です。

この頂上には、一本杉(千年杉)と呼ばれる巨木が立っています。
そして、この木の根元には、25年後にのび太が開けようとしたタイムカプセルなどが埋められています。
この一本杉は、遠くから見てもとても目立つので、みんなの目印として使われているようです。
小さい頃のしずちゃんは、意外にも木登りが大好きで、大きくなったら一本杉に登ろうと決めていたようです。
のび太の仲間たちの中で、最初に登ったのはジャイアンでした。

「裏山」は小さいけれど、池や洞穴があります。
この洞穴に、のび太は秘密基地を作ろうとしました。
また、木イチゴも取れるので、「裏山」には自然が残っているようです。
町の中で気軽に自然に親しむことができる「裏山」ですが、日常的にも多く利用されるルートとなっているために、ゴミが目立つころが残念なところです。

のび太は、学校で嫌なことがあると、いつもこの「裏山」にやって来ます。
この「裏山」の暖かい陽だまりや小鳥たちのさえずりが、のび太を慰めてくれて、嫌なこともすっかり忘れてしまうのです。
ひみつ道具「心の土」でのび太が「裏山」と心を通わせてみると、「裏山」ものび太をとても気に入っているようです。
「裏山」はのび太にとって、憩いのオアシスなのですね。

株式会社リトルグローブにも、のび太にとっての裏山のような存在があるといいと思います。

ストレスも発散できて、心安らぐような場所が見つかるといいです。

2011年6月24日 (金)

「ドラえもん」の短編と大長編の違いについて

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

「ドラえもん」の短編と大長編の違いについて

ドラえもんの劇場用アニメ映画の原作として、描かれた長編漫画のことを「大長編ドラえもん」と呼びますが、短編と比べると、ストーリーが大規模になっているのが特徴です。
短編の舞台は、ほとんどが町内という狭い環境で、友達数人だけでストーリーが進みます。
一方、大長編では、大昔や他の惑星などという、日常からかけ離れた世界が舞台となっており、その世界で出会う住人や手強い敵など、たくさんの登場人物が現れます。

また、毎回タイトルに「ドラえもん のび太の~」と付けられているように、主にのび太たちの活躍と成長の様子が描かれています。
いつもののび太は、何をやってもダメな少年ですが、冒険の世界に入ると、勇気をもって敵に立ち向かっていく、かっこよい少年になります。
また、いつも乱暴なジャイアンは、好人物になることもあります。

大長編では、ドラえもん、のび太、しずかちゃんなどの、メインの5人に固定されています。
そして、基本的に、その5人とストーリーのキーキャラクターと供に、自分たちだけの力で危機から脱出しようとします。
そのため、人間関係が短編とは少し違ってきます。
短編でのび太は、いつもジャイアンやスネ夫にバカにされて、しずかちゃんなど他の友達のところへ逃げていくことが多いのですが、大長編では、いつも5人だけで行動し、日常の他の友達などは入ってきません。
ジャイアンに対して頭にくることがあっても、結局は仲間になるのです。

それらが、ドラえもんの短編と大長編の違いだと思います。
いつもダメなのび太でも、映画の中では大活躍しているので、なんだか励まされますよね。

のび太もジャイアンもいつもとは違う一面を見せてくれます。

大長編では、いつもは仲が悪くてもいざというときに力を合わせてたたかう5人の友情は、いつ見ても素敵だと株式会社リトルグローブは思います。

2011年6月23日 (木)

ドラえもんと一緒に環境問題を考えてみませんか?

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

今日紹介するのは、「映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝」です。

2006年にリニューアルされて以降、3作目となるドラえもん映画。

ひみつ道具によって自由に動けるようになった苗木・キー坊と共に、のび太一行は植物が支配する「緑の星」へ。

そこで発覚する恐ろしい企みから地球を守るべく、のび太たちが奮闘する姿を描く。

今回のキーキャラクターであるキー坊はかわいさ満点! 

老若男女問わず、その動きと声に魅了されるはずだ。

物語のテーマは「環境問題」。しかしただ単純に「緑を大事に」と叫ぶわけではなく、自然を大切にできる「思いやりの心」を育むことがメッセージの中心となっている。

子どもはもちろん楽しめるが、それ以上に大人が考えさせられる作品と言えるかもしれない。

【あらすじ】

裏山の近くでのび太(声:大原めぐみ)は小さな苗木を拾う。

ドラえもん(声:水田わさび)のひみつ道具「植物自動化液」をかけたことによって、苗木は意思を持ち、自由に動けるようになる。

のび太は苗木にキー坊という名前を付け、家へ持ち帰り、弟のように可愛がりながら育てることにする。

すばしっこくていたずらっ子なキー坊だが、日に日に考える力をもち、文字を書き、新聞を読んだりテレビのニュースを見たりして状況を理解するまでに知能が発達し、成長していく。

ある日、ドラえもんたちがキー坊を連れて裏山へ行ったところ、突然、雷が光り巨大な渦が出現し、そこへ巻きこまれてしまう。

気がつくと、ドラえもんたちは緑が一面に広がる世界にいた。

そこは宇宙の果て、植物と植物星人たちが支配する「緑の星」だった。

植物星人たちは人間による地球上の植物の破壊活動に怒り、地球のすべての植物を奪い取ろうと計画していた。

「緑の星」の王女リーレ(声:堀北真希)は伝説の緑の巨人を呼び出し、植物星人たちはキー坊の秘められた力を利用しようとする……。

今回の映画は、環境問題をとりいれたものとなっていました。
子供にウケる、ばからしさは忘れずに、環境問題や友情などの大切なことを、きちんと見ている人に問いかけられているのが映画ドラえもんのすごいところだと思いました。

話の内容(植物星の連中が地球にすること)は、大人が、実際に考えると、おかしいことで、やっても仕方がないことです。
しかし、それは映画のストーリーの上というか、友情を表現したり、子供に理解させるためには必要なことであると思います。

子供に、環境問題のことだけを言っていても理解なんてしてくれません。
だから、こうゆう話をつけて、ストーリーをもりあげて、
わかりやすくしているんだと思います。

セリフも本当に考えられていて、私も、何回か、それに泣いてしまいました。

映画ドラえもんは、子供向けアニメだと考えられがちですが、
他のアニメ映画には無い、必要な、教育的要素が含まれて居ます。

子供をウケさせた上で、そういうことを理解させ、
その上、子供だけでなく、大人まで引き込めるのは、映画ドラえもんだからこそです。
一度、皆さんも、ご覧になられてみることを、強くおすすめします。

2011年6月20日 (月)

初の立体化・・・。

あのロボットが・・・。

地球侵略を企てるロボット軍団とのび太たちとの戦いを描き、『ドラえもん』の劇場版シリーズの中でも傑作として知られる作品をリメイクした『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 はばたけ天使たち』(公開中)。

同作でのび太たちが組み立てる巨大ロボットのザンダクロスがアクションフィギュアとして初立体化された。 手がけたのは「機動戦士ガンダム」や「新世紀エヴァンゲリオン」に登場する数々のロボットを、約120mmのスケールで精巧にフィギュア化してきたバンダイのブランド“ROBOT魂”。

このザンダクロスは、他のフィギュアより少し大きめの約135mmとなり、約60gという適度な重量感も手に取ったときの喜びをより大きくさせる。

ドラえもんもロボット系も不動の人気ですね! 株式会社リトルグローブにもロボット大好き人間がいます。世代問わず人気って魅力的に感じますよね!

金曜の定番

金曜の定番といったら「ドラえもん」今日はどんな秘密道具が出てくるか毎回楽しみでもありますよね!先週だったか?先々週だったかはついにジャイアンの新曲が発表されました。

まぁいずれにせよ、ジャイアンなんでどんな言い曲も同じに聞こえますが・・・・。ドラえもんって出てくるキャラクターの個性をきちんと主張しているところが人気の1つなんですかね?しかも、それぞれの主張が一定だから、キャラクターの人気度も一定で人気が落ちないのかな?!魅力的な漫画やドラマには何か引かれたり、リピーターになったりする要因があるんだと感じています。

アニメに関わらず、今度はサザエさんみたいに実写版なんていうのも面白いかも知れないですね!配役が気になるところですが・・・・。

株式会社リトルグローブでは、これからもドラえもんの愛好家として見続けていこうと思います!

2011年6月17日 (金)

株式会社リトルグローブの妹思いのやさしいお兄ちゃん。

こんにちは!株式会社リトルグローブです。

今日、紹介するドラえもん映画は、「がんばれ!ジャイアン!!」です。

解説

ドラえもんの仲間・ジャイアンをフィーチャーした短篇ジュヴナイル・アニメーション。

監督は「おばあちゃんの思い出」の渡辺歩。

藤子・F・不二雄による原作を基に、「おばあちゃんの思い出」の藤本信行が脚色。

撮影監督に「映画 ドラミ&ドラえもんズ 宇宙ランド危機イッパツ!」の熊谷正弘があたっている。

声の出演に「ドラえもん のび太の太陽王伝説」のたてかべ和也ら。

「ドラえもん のび太と翼の勇者たち」の併映作品として公開された。

【あらすじ】

ジャイアンの妹・ジャイ子は、少女マンガを描くのが趣味。

ある日、同じ趣味を持つモテ夫に同人誌を一緒にやろうと誘われた彼女は、一心にマンガを描き始める。

そんな妹を見て、陰ながら応援しようとするジャイアン。

張り切るあまり彼はジャイ子の恋も成就させてやろうとするのだが、それは内気なジャイ子を傷つけてしまう結果に。

そこでジャイアンはジャイ子の信頼を取り戻す為、降りしきる雪の中、風で飛ばされた妹のマンガの原稿をひとりで拾い集めようとする。

そんな兄の姿を見たジャイ子は、マンガは描き直せばいいと仲直りするのであった。

しかし翌日、ドラえもんたちの計らいで、ジャイ子は見つからなかった原稿をモテ夫の手から返してもらい、彼に励まされ同人誌作りを再開するのであった・・・。

妹(ジャイ子)の恋を成就させようと、がんばるお兄ちゃん(ジャイアン)。

一生懸命なんだけど全て裏目にでてジャイ子に嫌がられるんです。
とても不器用なお兄ちゃんだなぁ(笑)。

この作品には「ドラえもん、のび太、スネオ、しずかちゃん」のいつものメンバーが登場しています。
けど、そんなに出しゃばっていない。


そしてジャイアンは「ドラえもんの道具」に頼らない。

最後には友人にも頼らず、自分で解決しようとします。
(あきらめないジャイアンに男気を感じました。)


印象に残ったシーン。

(親に叱られて)物置に閉じこめられたジャイアンの元へ
ジャイ子が(親に内緒で)おにぎりを持ってくる場面。
兄と妹の会話を聞いていると、ちょっと泣けてきます。
妹はちゃんとお兄ちゃんの気持ちを理解しているんだって。


それから、もう一つ。
エンディングを見ていると大人になったジャイ子らしき女性の手に
結婚指輪が見えるんです。
相手は誰なんだろう・・・

この先をとても知りたくなりました。

ジャイアンが、妹を思う気持ちは見ていてなんだか心が温かくなります。

やっぱり兄妹はいいですよね。株式会社リトルグローブはジャイアンのやさしい一面が見られてなんだかうれしくなりました。

皆さんもぜひ見てみてください。

2011年6月16日 (木)

株式会社リトルグローブのドラえもんひみつ道具ランキング!

こんにちは!株式会社リトルグローブです。

今日は、ドラえもんの道具ランキングを紹介しようと思います。

ドラえもんのひみつ道具の中でほしい物ランキング

1位 どこでもドア  2位 タイムマシン  3位 タケコプター  4位 ほんやくコンニャク

5位 お医者さんカバン

おなじみの『どこでもドア』がダントツ人気!!

ホントにあったら、大金を払ってでも手に入れたいドラえもんのひみつ道具。

数あるひみつ道具の中で欲しいものは、『どこでもドア』『タイムマシン』『タケコプター』『ほんやくコンニャク』と、おなじみの道具が男女問わず人気を集め、ベスト4にランク・インしました。

その他、病気のときに助かる『お医者さんカバン』や、物忘れの激しい人の強い味方『暗記パン』など、困った時のお助け道具も上位に登場しています。

 男性のランキング、 女性のランキングそれぞれの結果を見てみると、男性は物を透視することができる『透視めがね』が11位に、女性は食べたいものが何でも出てくる『グルメテーブルかけ』が10位にきているところが特徴的です。

『透視めがね』は男のロマン・冒険心を刺激するひみつ道具、『グルメテーブルかけ』は食やグルメに関心の高い女性に人気のひみつ道具であることがわかります。

5位にランク・インした『お医者さんカバン』は、聴診器を当てるだけでどんな病気にかかっているのかがわかり、また治療もしてくれる夢のような道具です。

健康に関心が高まる現代だからこそ、特に注目されているひみつ道具なのかもしれません。
 小さい頃から接しているドラえもんのひみつ道具に憧れて開発に携わる人がいたり、実際にひみつ道具を開発しようとする人がいたりするかもしれません。

近い未来の実用化を期待したいですね。

2011年6月15日 (水)

株式会社リトルグローブののび太と翼の勇者たち

こんにちは!株式会社リトルグローブです。

今日ご紹介するドラえもん映画は、「ドラえもん のび太と翼の勇者たち」です!

【あらすじ】

夏休みの課題で、しずかちゃんたちと渡り鳥の研究をしていたのび太は、裏山で鳥人間・グースケと出会い、彼の住む鳥人間の世界“バードピア“に迷い込んでしまう。

そこは、人間世界で傷ついた鳥たちが羽根を休めに来る鳥と鳥人間のパラダイスだった。

さて、ドラえもんの“バードキャップ“で鳥人間の仲間になったのび太たちは、“渡り鳥パトロール隊“の入隊テスト“イカロスレース“に出場することになる。

果たして、過酷なレースを制したのはグースケとライヴァルのツバクロウ。

ところが、幼い頃に空から落ちた記憶がトラウマとなり、自分の翼で飛べず人力飛行機・スノーグース号で参加していたグースケは、カラス警備隊長官・ジーグリードによって失格にされる。

ショックのあまり、落ち込むグースケ。

だがそんな矢先、ララアト山の竜の谷に眠る強大な力“フェニキア“の研究をしていたホウ博士が、ジーグリードによって誘拐されてしまった。

かつて心ない人間に撃たれ人間を恨むようになったジーグリードは、フェニキアのパワーを使ってバードピアと人間世界を我が物にしようと企んでいたのだ。

その悪巧みを知ったドラえもんたちは、グースケの案内で今は監獄島に閉じこもっている伝説の鳥人・イカロスの助けを借りることに。

そして、ジーグリードを追って竜の谷へやって来た彼らは、鳥人間が23世紀の科学者・鳥野博士によって作り出されたことを知るが、その時、ジーグリードが怪獣・フェニキアを蘇らせてしまった。

大暴れするフェニキアを退治すべく、奮闘するドラえもんたち。壮絶な戦いの末、彼らはまだ誰も登ったことのない“とまり木“の頂上にある鳥野博士のタイムマシンでフェニキアを別の世界へ送ることに成功する・・・。

のび太とグースケの友情には感動ものです。

ドラえもん映画は、見終わると心がなんだか暖かくなるんですけど、それは私だけでしょうか?

2011年6月14日 (火)

株式会社リトルグローブのジャイアンの男らしさがかっこいい!!

こんにちは!株式会社リトルグローブです。

今日ご紹介するドラえもん映画は、「ドラえもん のび太の人魚大海戦」です!

あらすじ

ひみつ道具“架空水”で町を海の底にして、本物の魚を泳がせて遊んでいたのび太(声:大原めぐみ)とドラえもん(声:水田わさび)。

そこへ迷い込んできたのは、なんと五千年前にアクア星から地球へやってきた人魚族の王女ソフィア。

ドラえもんたちはソフィアと一緒に海の世界を訪れる。

人魚スーツを着て、海の冒険を楽しむドラえもんたち。だが突然、巨大ウツボの襲撃に遭う。

間一髪助かったものの、しずかちゃん(声:かかずゆみ)が何者かにさらわれ、行方不明に。

やがて、ドラえもんたちは人魚族の宮殿で“人魚の剣”にまつわる不思議な伝説と、その秘密がソフィアのティアラに隠されていることを知る。

さらに、この剣を手に入れようと怪魚族がアクア星を侵略したという話も。

こうして、“人魚の剣”を巡って人魚族とブイキン率いる怪魚族の戦いが始まり、のび太とドラえもんたちは、ソフィアとともに怪魚族と戦うことを決意する。

この映画は声優陣が新しくなってからの作品で1番面白かったです。

人魚の格好をしているしずかちゃんが可愛かったよ。

人魚のお姫様ソフィアさんはかっこよかった。

今回は、人魚伝説のお話です。
スネオの スキューバダイビング体験の話がうらやましくて仕方ないのびたは、ドラえもんに頼みこんで 不思議なメガネをかけると出来る海を仮想世界で作ってしまう。
しかし、その世界に人魚のお姫さまが迷い込んでしまい・・・

この世界は、海底奇岩城の世界観!!
適応灯や海の中で出来る家も出てきて嬉しかった。

海を汚す人間達に、メッセージを残しつつ人魚の世界の伝説の剣を巡っての悪との戦い!!
人間に悪意を抱いてた人魚の世界の人々も次第にドラえもん達には、好意を抱く。

そして、みんなで力を合わせ悪を滅ぼしていった。
ジャイアンの男らしさがかっこいい!!映画の見せ場ですよね。

ドラえもんの絵のタッチも 美しくなりましたね。
海底の神殿はとても美しかったです。

個人的には、さかな君が声をやってたサッカーナくんが好きです。

そして、いい歌だったのですが、武田鉄矢の挿入歌は笑ってしまいました(笑)

やっぱ ドラえもんはおもしろい!!!株式会社リトルグローブも大好き!!!
永遠です!!

2011年6月13日 (月)

株式会社リトルグローブの「ドラえもん20周年記念作品!!」

こんにちは!株式会社リトルグローブです。

今日ご紹介するドラえもん映画は、「ドラえもん・のび太の宇宙漂流記」です!

あらすじ

「ドラえもん」劇場版長編シリーズ第20作で、今回は宇宙の侵略者を相手にした一大バトルが展開。

映画とテレビの「ドラえもん」でもある。

ゲーム“スター・クラッシュ”を宇宙で遊んでいたのび太たちだが、ジャイアンとスネ夫が入ったままのゲームメカを謎のUFOが持ち去ってしまう。

やがて何とかUFOに追いついたドラえもんたちは、その乗員である“宇宙少年騎士団”のリアンたちと出会う。

リアンたちは可住惑星を探して太陽系の探査をしていたのだった。

ドラえもん映画の中でもフレイヤの存在は異例だと思います。

敵のスパイというようなキャラはほかのドラえもん作品でも見られましたが、改心して真の仲間になったのはこのフレイヤが初めてだからです。
登場キャラについてはなかなか個性的で良かったです。

悪役のアンゴルモアはノストラダムスの流行った時代らしくて今見ると面白いかもしれません。
ストーリーについてはさまざまな星で冒険を繰り広げる中盤が楽しいです。(ドラえもんの映画はラスボス的な存在の悪役と戦うところよりもラスボスのところにたどりつく前のほうがおもしろかったりします。)
この映画は、場面の展開のテンポがよくお勧めできます。

2011年6月 7日 (火)

株式会社リトルグローブの大切なのは見かけではなく、心です!

こんにちは!株式会社リトルグローブです。

今日ご紹介するドラえもん映画は、「ドラえもん のび太とロボット王国」です!

あらすじ

未来デパート通販マシンで、のび太が誤って取り寄せたロボットの中に紛れ地球にやって来た男の子ロボット、ポコを、故郷であるロボット王国に新型タイムマシンで連れ帰すことになったドラえもんたち。

ところが、そこではジャンヌ女王のロボット改造命令の下、ドロイド兵によるロボット狩りが行われており、ポコのお母さんも王宮の牢獄に幽閉されていた。

それを知ったのび太たちは、お母さんを助けたいと言うポコに協力すべく奮闘。

裏でジャンヌ女王をそそのかしていたデスター司令官を倒し、ポコのお母さん救出に成功する。

そして、虹の谷で発見された楽園で、ジャンヌ女王の亡父で前国王のエイトムが目指していたロボットと人間が平和に暮す新しい王国を再建することを宣言したジャンヌ女王とポコたちと別れたドラえもんらは、地球へと帰って行くのであった・・・。

しずかちゃんが「ロボットと人間の涙のどこが違うの?」と言うシーンにはかなり応えました。私たちは見かけで判断しすぎです。

見かけが違うから、いじめたり、差別したり、戦争したり・・・。大事なのは心だ。

見かけはアクセサリーにすぎない。というメッセージがこめられています。

2011年4月21日 (木)

株式会社リトルグローブのドラえもん のび太と雲の王国

こんにちは!株式会社リトルグローブです。

今日ご紹介するドラえもん映画はドラえもん のび太と雲の王国です!

ストーリー

雲の上に天国があると信じているのび太(声・小原乃梨子)は、スネ夫(声・肝付兼太)らに馬鹿にされてしまう。

ドラえもん(声・大山のぶ代)の道具の力を借りて、雲の上に王国を築いたのび太だが、実は本当に別の世界があり、天上人が絶滅した動物を保護して暮らしていた。

だが優しそうに見える天上人たちは、自然破壊を進める人間たちを滅ぼそうとしていたのだ。

ドラえもんたちはノア計画を阻止できるのか!

久しぶりに鑑賞したところ、殆ど完璧な映画の構成に驚かされました。

この内容を100分(しかも子ども向けアニメ)に詰め込む事は大変難しい事だと思います。

環境問題を取り扱う映画は山ほど存在しますが、本作の様に環境を滅ぼす人間が主観の作品は少ないと思います。

ジャイアンも劇中で叫んでいましたが、上から目線で偉そうに説教されると観てて腹が立ちますからね!

環境が破壊されている映像を見せ付けて、「こうして自然が失われている」と説教たらしいナレーションをつける様な映画とは違いますね。

2011年4月20日 (水)

株式会社リトルグローブがよく観てた映画♪のび太とブリキの迷宮

こんにちは!株式会社リトルグローブです。

今日ご紹介するドラえもん映画はのび太とブリキの迷宮です!

ストーリー

パパが予約した不思議なホテル・ブリキンホテル。

不思議なトランクの導くままにのび太とドラえもんはブリキンホテル、そしてそのホテルがあるブリキン島へと向かう。

しかしそこで二人は離れ離れになってしまい、のび太達はチャモチャ星の少年・サピオに頼まれて、チャモチャ星を救うため、そしてドラえもんを助けるために戦う事を決意する。

ドラえもんは拷問の果てに壊れてしまい、4人はそれぞれ潜入調査と島の大迷宮に挑戦するが難航、さらには星の人間を支配したロボット皇帝・ナポギストラーの魔の手も迫る。

だが逆境を乗り越えたのび太はついにドラえもんと再会し、協力してロボット軍団を撃退、チャモチャ星を救うのであった。

子どものころ一観たドラえもん作品がこれ。

ドラえもんの映画には動物や古代世界、宇宙や海など様々なテーマが存在しますが、今作のロボット(ブリキ)が子どもの私にとって一番なじみやすいからだったと今では思います。

確か当時、ビデオにとって何度も見返していた記憶があるので、繰り返し見れる面白さがあると思います。

しKし、ラビリンスが子どもの頃とてつもなく怖かった。

ドラえもんが途中で壊れちゃうし、ドラえもん映画の中でも結構怖いです。

最後はギャグみたいに終わりますがあれはあれでアリかと(笑)

そして、ずっとドラえもんとのびたが離れ離れなのが少し寂しいけど、その分のび太のドラえもんを思う気持ちや頑張りがよく描かれていたと思います。

最後に島崎和歌子さんの『何かいい事きっとある』も良い歌ですね♪

2011年4月 5日 (火)

のび太とアニマル惑星

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

今日もドラえもん映画が大好きな株式会社リトルグローブが、映画を紹介したいと思います。

今回は、「のび太とアニマル惑星」を紹介します。

解説

脚本は原作者の藤子・F・不二雄。

監督、芝山努。主題歌「天までとどけ」の作詞と歌を武田鉄矢が手掛けた。

ある夜、のび太はピンク色のもやを見つける。

その中に入ってみると、そこには人間のように立って暮らす動物たちがいた。

そこは動物が平和に暮らすアニマル惑星だったのだ。

動物たちは、昔は月に住んでいたのだが、悪魔“ニムゲ”に迫害されたため、神さまに光の階段でこの星に導いてもらったという。

だが、この穏やかで美しい星にも危機が迫っていた。アニマル惑星のことを知ったニムゲが再び星を征服しようとやってきたのだ。

ドラえもんたちはひみつ道具で住民たちを救おうとするが、それだけでは太刀打ちできない! 

果たしてドラえもんたちはアニマル惑星を救えるのか!?

ストーリーが起伏に富んでいて大変面白い。
ドラえもん映画の中で……っていうか、子供向けのアニメ映画の中で最高峰の出来だと思う。
素直な気持ちで見れば大人でも十二分に楽しめる。

小学生の頃から何度も何度も見てますが、深いです。

毎回いろんなことを気づかせてくれます。

武田鉄也の優しい声もドラえもんにはぴったりです。

2011年4月 1日 (金)

株式会社リトルグローブのちょっと怖いドラえもん映画

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

今日もドラえもん映画が大好きな株式会社リトルグローブが、映画を紹介したいと思います。

今回は、「ドラえもん のび太のパラレル西遊記」を紹介します。

ドラえもんとのび太達の“西遊記"時代のシルクロードでの冒険を描くアニメーション。

“ドラえもん"劇場版シリーズの第10弾で、原作・脚本は「ドラえもん のび太と竜の騎士」の藤子不二雄が執筆。監督は同作の芝山努、撮影監督は熊谷正弘がそれぞれ担当。

あらすじ

新入生歓迎会に際し、クラスで「西遊記」の劇をやることになった。本当は孫悟空役をやりたかったのび太だが、実際の役は「村人その1」。セリフも「助けてくんろー!」の一言のみ。

孫悟空の存在を信じるのび太は、「本物に似ている人が孫悟空になるべきだ」と主張し、タイムマシンで7世紀のシルクロードへ向かう。そこでのび太そっくりの本物の孫悟空を目撃するが、誰も目撃談を信じない。仲間たちを連れ、再び唐へやって来たのび太だったが既に孫悟空はいない。仕方なくドラえもんのひみつ道具「ヒーローマシン」でのび太自ら孫悟空に成りすましたものの、結局ばれてしまった。

落胆して現代に帰ったところ、なんとのび太達の家族も知人もみんな妖怪になっており、現代は妖怪の世界と化していた。原因は唐の時代でヒーローマシンを使った際、マシンから妖怪たちが飛び出し、現実世界を荒らして三蔵法師を殺し、人類を滅ぼして人間に成り代ったため。

変わってしまった歴史を元に戻すには、唐の時代へ戻って妖怪たちを一匹残らず倒すしかない。本物の三蔵法師一行には、じわじわと妖怪たちの手が忍び寄る。5人は妖怪退治のため、ヒーローマシンで悟空や猪八戒に変身し、再び唐の時代へ向かう。

かなりドラえもん映画では怖い方です。のび太のママや出来杉君が鬼に変わってしまっていたのはトラウマでした。

映画としてはテンポもよく、ギャグとシリアスのバランスも良い。最後の、のび太の逆転劇にはワクワクしたものでした。

2011年3月29日 (火)

株式会社リトルグローブと銀河大冒険に出かけよう!

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

今日もドラえもん映画が大好きな株式会社リトルグローブが、映画を紹介したいと思います。

今回は、「映画ドラえもん のび太と銀河超特急」を紹介します。

宇宙旅行に出かけたのび太やドラえもんたち仲間と、銀河系侵略を企む知的生命体との戦いを描いたファンタジー・アニメーション。監督は「ドラえもん のび太の創世日記」の芝山努。原作・脚本は96年に惜しくも亡くなった藤子・F・不二雄の劇場用オリジナル長篇。シリーズ通算第18作にあたる。

あらすじ

スネ夫が、人気のミステリートレイン切符を3枚手に入れたと自慢する。ジャイアンとしずかは、ぜひ行かせてほしいとスネ夫に頼み込む。そこへ、のび太が駆け込む。話を聞くと、ドラえもんが3日間も帰らないという。ジャイアンとスネ夫にからかわれ、落胆し帰るのび太。

家に帰ると、ママが「ドラちゃんが探してた」と言うではないか。のび太が夕食も無視して2階へ駆け上がると、ドラえもんが帰っている。ドラえもんの話によると、22世紀で大人気のミステリー列車の切符を3日間かかってやっと手に入れたらしい。

そのミステリー列車で到着したのは宇宙の外れにある巨大遊園地「ドリーマーズランド」。ドラえもんたち5人は気の赴くままに楽しむが、一方で謎の生命体「ヤドリ」が人間を操り始めていた…。

大長編、映画になると、いつもダメなのび太が大活躍するのはお馴染みだが、本作では危機的状況に瀕して俄然勇気を出すのび太にスネ夫が「のび太は映画(大長編)になるとかっこいいことをいう」というメタフィクション的な台詞がある。また、天才ガンマンのび太の実力を、再度認識させられる作品でもある。西部の星では、1個の空き缶に6発全弾を命中(それも1発目で宙に浮いたところへ、空中で残り全弾を『同じ場所に』命中させる)という離れ技を披露し、最後の場面では、ヤドリ大帝が襲いかかる一瞬を狙撃して見事に倒している。

2011年3月25日 (金)

株式会社リトルグローブの映画ドラえもん のび太の日本誕生

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

またまた久しぶりの更新になってしまいました。

今日もドラえもん映画が大好きな株式会社リトルグローブが、映画を紹介したいと思います。

今回は、「映画ドラえもん のび太の日本誕生」を紹介します。

万年前の日本でドラえもんやのび太らが冒険を繰りひろげる「ドラえもん」シリーズ第11作。原作・脚本は「ドラえもん のび太のパラレル西遊記」の藤子・F・不二雄、監督は同作の芝山努がそれぞれ担当。主題歌は、大杉久美子(「ドラえもんのうた」)、西田敏行(「時の旅人」)。

あらすじ

家でも学校でも叱られてばかりののび太は家出しようと思い立つが、どこもかしこも私有地か国有地でどこにも自分の思い通りになる土地がない。ドラえもん以下4人も各々の理由で家出するも行くところがなく途方に暮れていた。それならばいっそのことまだ人間が誰も住んでいない太古の日本へ行こうと思い立ち、史上最大の家出へと出発した。

誰にも邪魔されないユートピアが出来上がったが、一時帰宅したところ、本物の原始人と思しき少年ククルに出会う。ククルの一族であるヒカリ族は、凶暴なクラヤミ族と精霊王ギガゾンビの襲撃を受けたという。のび太たちはヒカリ族を救うため、中国大陸へ向かうことにする。

なぜでしょう?

実は、ドラえもんの映画なんて子供が見るものなんだから、そんなにたいしたことはないはず!

なんてドラえもん映画にはまる前は思っていたんです。

ですが、見始めるとどんどん映画の世界に入り込んでしまって、思わす手に汗握ったり、

感動してなみだを流したり・・・。

ドラえもんの映画は心をきれいにしてくれるような気がします。

皆さんも、純粋な気持ちを取り戻してみませんか?

2011年3月 4日 (金)

太陽王伝説!かっこいい!株式会社リトルグローブもかっこよくなりたいものです

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

1ヶ月ぶりくらいの更新です!お久しぶりです。

最近のドラえもんのアニメ、すごい凝ってるなぁ~って思うのは株式会社リトルグローブだけですか?

昔は、ドラえもんがのびたを甘やかしているシーンが幾度となくみられたんですが、最近はあまりそういった感じがないですね。

しずかちゃんのお風呂にも勝手に行かないし。のびたも成長していますね!

そんなドラえもん応援隊の株式会社リトルグローブが今日ご紹介するドラえもん映画はドラえもん のび太の太陽王伝説です。

古代文明の国を舞台に、おなじみのび太とドラえもんとその仲間たちが冒険を繰り広げるジュブナイル・アニメーションのシリーズ第21作。

タイムホールの故障により、のび太(声・小原乃梨子)の部屋と、古代王国マヤナ国が繋がってしまった。のび太は自分にそっくりなマヤナ国の王子・ティオに会う。たわむれに入れ替わった二人だが、性格が正反対なために、いろんなトラブルを引き起こしてしまった。一方、魔女レディナが、ティオの友人ククを誘拐する事件が起こる。レディナはティオの母に呪いをかけた宿敵だった。ティオとのび太、ドラえもん(声・大山のぶ代)たちは力を合わせ、魔女退治に出発する。

今までありそうでなかった古代エジプトのような世界は新鮮でした。

ドラえもんたちより、むしろティオを中心に見るとなかなかいいお話だと思います。わがままで傲慢な王子が、良き友と出会い立派な太陽王になるまでの成長物語です。

劇中繰り返し流れる主題歌が優しい雰囲気を作り出しています。

2011年2月 4日 (金)

株式会社リトルグローブしずかちゃんに惚れました

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

この前テレビで放映してたドラえもんアニメ、すっかり号泣してしまいました。

あまり普段やってるドラえもんアニメでは泣かないので、びっくりでした!

しかも知人と観てたので・・・恥ずかしかったですね(笑)

ささ、今日株式会社リトルグローブが紹介するのは、のびたと鉄人兵団です!

脚本は原作者の藤子・F・不二夫。監督、芝山努。ある日偶然、ロボットの部品を見つけたのび太たち。あまりにも大きい部品だったため、ひみつ道具“入りこみミラー”を使って鏡の中の世界に入り、そこで組み立てることに。鏡の世界は現実世界とそっくりだけれど左右が逆で、人間もまったく存在しない世界。のび太たちは完成させたロボットをサンダクロスと名付け、鏡の世界で遊んでいたが、ロボットの持ち主だという少女リルルと出会い、彼女にサンダクロスを返すことにする。だが彼女は、地球制服を企むロボットの国“メカトピア”から送り込まれたロボットだった! 鏡の世界の中で地球攻撃のための基地を作り始めたリルル。と、そのとき、鏡の世界に異変が起こり、リルルも怪我を負ってしまう。果たしてのび太たちはリルルと戦うことになってしまうのか…!?

リルルが忘れられないキャラクターになるはず。
すごく魅力的。

そして最後のしずかちゃんの演技がはんぱないです。
本当に迫真で、ばりばりのアニメでファンタジーなのに
ところどころにリアルを感じられる。

しずかちゃんに主演女優賞あげたい!!

2011年1月26日 (水)

人魚族と怪魚族の戦い!株式会社リトルグローブの人魚大海戦。

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

昨日久しぶりにドラえもんの漫画を読みました。

すごくほっこりできた株式会社リトルグローブです!

今日、株式会社リトルグローブが紹介するのは、「映画ドラえもん のび太の人魚大海戦 」です。

伝説の“人魚の剣”をめぐり、海底を舞台にドラえもんやのび太たちが大冒険を繰り広げる。テレビアニメ版の総監督を務める楠葉宏三がメガホンを取り、劇場版オリジナルストーリーを展開。人魚族の女王、オンディーヌの声を真矢みきが担当するなどバラエティー豊かなキャスト陣がゲストとして声の出演を果たし、友情と冒険の物語を盛り上げる。

ストーリー

“架空水”という道具を使って、町を海にして遊んでいたドラえもんたち。そこに、5000年前にアクア星から地球にやって来た人魚族の王女・ソフィアが現れる。人魚スーツを着て海底冒険に繰り出したドラえもんたちだったが、しずかちゃんが何者かにさらわれてしまう。そして、伝説の“人魚の剣”をめぐる人魚族と怪魚族の戦いが始まり……。

人魚モノが好きなので面白かったです♪

2011年1月24日 (月)

しずかちゃんとバギーちゃんに注目!株式会社リトルグローブの海底鬼岩城。

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

今日、株式会社リトルグローブが紹介するのは、「 ドラえもん のび太の海底鬼岩城」です。

概要

原作は同シリーズの他作品同様、雑誌『月刊コロコロコミック』に連載された「大長編ドラえもん」シリーズで、連載当初のタイトルは『のび太の海底城』だった(連載4回目に現行のタイトルとなる)。

  • ムー大陸、アトランティス大陸の両者を冷戦時の2大超大国に見立てた物語に、バミューダトライアングルの要素や日本海溝、マリアナ海溝など海底に関する情報が盛り込まれた作品。話中盤で出てくるトリエステ号の記録、生物の進化論やクジラの話なども実際の自然科学に基づいたものといえる。
  • 1995年にはミュージカル化され、1997年には香港でも上演されている。
  • 短編では、この作品の直前に、1982年を「現在」とした「竜宮城の八日間」があり、この作品でも竜宮はムー大陸にあった国という設定であった。

あらすじ

物語はのび太としずかが山へ、ジャイアンとスネ夫が海へ行きたいと議論するところから始まる(映画では逆)。結局ドラえもんの提案で海底山へ行くこととなる。海底山キャンプに出かけたのび太たちは、そこで海底人のエルたちに出会った。

そしてのび太たちは、海底火山の活動の影響で、数千年前に滅亡した帝国アトランティスに残された自動報復装置ポセイドンが活動を再開したことを知る。鬼角弾が発射されれば海底ばかりか全地球上に甚大な被害が及ぶという。

のび太たちは鬼角弾の発射を阻止するため、アトランティスのあるバミューダ海域へ向かう。

なんといってもこの映画では、バギーちゃんが大活躍です。ちょっと抜けてるところもあるような気がするけれども、いいですよ。株式会社リトルグローブもバギーちゃんのようにもっと活躍しないといけないと思う今日この頃です。

2011年1月13日 (木)

迫力の巨神像!株式会社リトルグローブの、のび太の大魔境。

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

今日、株式会社リトルグローブが紹介するのは、「 ドラえもん のび太の大魔境」です。

解説

藤子不二雄原作のTVアニメの劇場版第三作目。脚本は原作者の藤子不二雄、監督は西牧秀夫、撮影は小池彰と鈴木明子がそれぞれ担当。

あらすじ

春休みのある日、のび太の家に一匹の子犬が迷い込んで来た。その子犬ペコは、山と積まれた航空写真の中から、コンゴにある不思議な巨神像の写真を探し出した。のび太、ドラえもん、スネ夫、ジャイアン、しずかたちはどこでもドアでアフリカに巨神像の謎を解きに行くことにした。巨神像はバウワンコの神といって、その実物を見た者はいないのだ。そして伝説によると、そこには犬の王国があるのだという。その巨神像を捜し求めてジャングルをつき進むドラえもんたち一行の前に、様々な障害が待っていた……。

2011年1月11日 (火)

ロップルやチャミーたちのコーヤコーヤ星!株式会社リトルグローブの宇宙開拓史。

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

今日、株式会社リトルグローブが紹介するのは、「ドラえもん のび太の宇宙開拓史」です。

あらすじ

超空間の事故により、のび太の部屋のとロップルの宇宙船の倉庫とがつながった。宇宙の惑星、コーヤコーヤ星を第2の遊び場としたのび太は、ロップルやチャミーと共に楽しい日々を過ごす。

しかし、コーヤコーヤ星を含めた小宇宙の各星に鉱脈をはる鉱石「ガルタイト」の独占を企む大企業ガルタイト鉱業は、コーヤコーヤ星に移住しはじめた開拓住民の追い出しを画策していた。そのためロップルらはガルタイト鉱業の攻撃の標的となって執拗な脅迫や嫌がらせの中、生活していた。

そのことを知ったのび太らは、ロップルたちの生活を守るため、ガルタイト鉱業に戦いを挑む。

舞台

宇宙(コーヤコーヤ星)

地球(銀河系)から遠く離れた小宇宙に存在する「コーヤコーヤ星」と「トカイトカイ星」が舞台。コーヤコーヤ星は、トカイトカイ星の人類の移住した開拓星。どちらの星も重力が地球よりも格段に小さいため、住人の体力や建材も地球に比べて非常に弱く、逆に地球人は(たとえのび太でも)スーパーマンの如き力を発揮できる。またどちらの星も時間の流れが地球よりも早い時間感覚になっており、地球よりも空気がきれいである。コーヤコーヤ星は反重力エネルギーを発生させるガルタイトという鉱石でできている。彼らの文明は石器時代からこの鉱石を動力として使っていたため、プロペラなどの地球にある一部の機械は発明されていない。また、冬には猛吹雪、春先には大洪水が起きるという環境のため、冬の間は家を地下に埋めて冬ごもりをしている。尚、雪は白くなく、赤と青の2色で混ざり合って紫になる。月も赤い月と青い月があり、普段はそれぞれの月が交代で昇り、大洪水の起きる冬の終わりのみ二つがいっぺんに昇る。
トカイトカイ星は、周囲の島宇宙の中心の星で、大都会が形成されている。既に星はビルで埋め尽くされているため、コーヤコーヤを初めとする200余りの開拓星に人類が移住することが行われている。

ドラえもんシリーズでは泣ける作品の一つです。のび太たちとロップルたちとのお別れのシーンは、とても感動しますよ。株式会社リトルグローブでも、涙なくしては語れない作品です。

2011年1月 7日 (金)

のび太の恐竜!株式会社リトルグローブのドラえもん映画キャラクター祭り。

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

今日、株式会社リトルグローブが紹介するのは、「ドラえもん のび太のの恐竜」です。

今日は引きつづき、ゲストキャラクターについてお話しようと思います。

ゲストキャラクター

ピー助

のび太が孵化させて育て上げたフタバスズキリュウ。性格は温和で甘えん坊刷り込み効果の上、のび太に育てられたため、のび太を実の親のように慕っている。

厳密にはフタバスズキリュウは海生爬虫類の首長竜であり恐竜ではない。また、現在では首長竜は胎生もしくは卵胎生であり、卵を生むことはなかったと考えられている。

ガケシタさん

化石発掘中ののび太に庭や車を汚された男性。のび太とピー助との奇蹟的な出会いのきっかけともなった。名前の初出は書籍「(コロコロコミックデラックス)映画アニメドラえもん のび太とアニマル惑星」に掲載の記事「映画アニメドラえもん大事典 THE ENCYCLOPEDIA OF"DORAEMON"THE MOVIE」。

黒い男

恐竜を不法に捕らえて売ろうとする未来世界の密猟者、恐竜ハンター。ドルマンに恐竜を渡して金をもらっている。なお、彼のタイムマシンは「スコルピオン」と言い、その名の通りサソリを模した形状になっている。

ドルマンスタン(ドルマンスタイン)

24世紀(2314年)のメガロポリスに住む大富豪。恐竜のコレクションが趣味。「人間に慣れた珍しい恐竜」であるピー助を手に入れるために恐竜ハンター、黒い男を雇う。通称ドルマン(書籍「(コロコロコミックデラックス)映画アニメドラえもん」)。アニメ版(『ドラえもん のび太の恐竜』、『2112年ドラえもん誕生』、『ドラえもん のび太の恐竜2006』など)では「ドルマンスタイン」で、原作単行本でも途中の版から「ドルマンスタイン」となった。

タイムパトロール隊

時空犯罪を取り締まる部隊。23世紀に本部を置く。巡視船「タイムマリン」で、時間や場所を問わず常に巡回活動をしている。

2011年1月 6日 (木)

のび太とピー助、感動の大冒険!株式会社リトルグローブのドラえもん映画の話。

はじめまして。株式会社リトルグローブです。

ドラえもん映画についてどんどん話していこうと思っています。

今日、株式会社リトルグローブが紹介するのは、「ドラえもん のび太の恐竜」です。

あらすじ

ティラノサウルスの爪の化石を自慢するスネ夫に対抗し、のび太は「恐竜の化石を一匹分丸ごと見つけてみせる!」と、突拍子もない宣言をしてしまう。

その後、偶然にも首長竜の卵の化石を発掘したのび太は、タイムふろしきを使って卵を化石になる前の状態に戻し、孵化させる。のび太は孵化した首長竜の子供をピー助と名づけて可愛がり、ピー助ものび太を慕って育つ。だが成長するにつれてピー助を匿うのが困難になってくる。ピー助の本当の幸せを願い、のび太はタイムマシンで白亜紀の世界へ帰してやる(ここまでが短編作品のあらすじ)。

しかしその後、ピー助を白亜紀へ連れ帰ったときに恐竜ハンターの攻撃を受けたことによりタイムマシンの空間移動機能が故障しており、ピー助を本来の棲息地である日本近海ではなく、アメリカへ置いて来てしまったことが判明する。ドラえもんとのび太はタイムマシンで再びピー助のもとへ行こうとするが、ジャイアン・スネ夫・しずかが無理やり同乗して定員オーバーで暴走したためにタイムマシンの空間移動機能が完全に壊れてしまい、日本の、正確にいえば一億年後にのび太の机が置かれることになる場所にタイムマシンを置かない限り元の時代へ戻れなくなってしまう。さらに未来から来た恐竜ハンターがピー助をつけ狙う。ピー助を元の住処へ戻すべく、そして無事に20世紀に帰るべく、白亜紀を舞台にのび太達の冒険が始まる

子供に限らず、みんなが知っているドラえもん。株式会社リトルグローブもピー助のやさしい気持ちやみんなが力を合わせて戦うところは、ティッシュなしでは見れません。

無料ブログはココログ