« 株式会社リトルグローブのちょっと怖いドラえもん映画 | トップページ | 株式会社リトルグローブがよく観てた映画♪のび太とブリキの迷宮 »

2011年4月 5日 (火)

のび太とアニマル惑星

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

今日もドラえもん映画が大好きな株式会社リトルグローブが、映画を紹介したいと思います。

今回は、「のび太とアニマル惑星」を紹介します。

解説

脚本は原作者の藤子・F・不二雄。

監督、芝山努。主題歌「天までとどけ」の作詞と歌を武田鉄矢が手掛けた。

ある夜、のび太はピンク色のもやを見つける。

その中に入ってみると、そこには人間のように立って暮らす動物たちがいた。

そこは動物が平和に暮らすアニマル惑星だったのだ。

動物たちは、昔は月に住んでいたのだが、悪魔“ニムゲ”に迫害されたため、神さまに光の階段でこの星に導いてもらったという。

だが、この穏やかで美しい星にも危機が迫っていた。アニマル惑星のことを知ったニムゲが再び星を征服しようとやってきたのだ。

ドラえもんたちはひみつ道具で住民たちを救おうとするが、それだけでは太刀打ちできない! 

果たしてドラえもんたちはアニマル惑星を救えるのか!?

ストーリーが起伏に富んでいて大変面白い。
ドラえもん映画の中で……っていうか、子供向けのアニメ映画の中で最高峰の出来だと思う。
素直な気持ちで見れば大人でも十二分に楽しめる。

小学生の頃から何度も何度も見てますが、深いです。

毎回いろんなことを気づかせてくれます。

武田鉄也の優しい声もドラえもんにはぴったりです。

« 株式会社リトルグローブのちょっと怖いドラえもん映画 | トップページ | 株式会社リトルグローブがよく観てた映画♪のび太とブリキの迷宮 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1442218/39498334

この記事へのトラックバック一覧です: のび太とアニマル惑星:

« 株式会社リトルグローブのちょっと怖いドラえもん映画 | トップページ | 株式会社リトルグローブがよく観てた映画♪のび太とブリキの迷宮 »

無料ブログはココログ