« のび太が大好きな「裏山」について | トップページ | 株式会社リトルグローブの原作者の藤子・F・不二雄の遺作 »

2011年7月 5日 (火)

感動作品「ドラえもんアニバーサリー25」について

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

今日は、感動作品「ドラえもんアニバーサリー25」について、紹介しようと思います。

2004年に公開された映画「ドラえもん のび太のワンニャン時空伝」では、「ドラえもんアニバーサリー25」という作品を同時上映されました。
上映時間はたった5分という短い作品でしたが、とても好評だったので紹介します。

この作品は、ドラえもん映画25周年を記念して製作されたもので、ストーリー仕立てになっているものではなく、それまでのドラえもん映画の歴史を顧みる、短編のアニメです。
作品の途中までは、映像と音楽だけが流れます。
第一作目の「ドラえもん のび太の恐竜」から「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」までのアニメ作品を簡単に紹介していきます。
なつかしのキャラクター「ピー助」や「フー子」などや、最近のキャラクターまで数多くが登場します。
その中には、藤子先生が手がけた、ドラえもん以外のキャラクターである、エスパー魔美やチンプイなども登場します。
ドラミちゃんとミニドラが登場する場面があって、その後にドラえもんの声が初めて入ります。

ドラえもん映画25周年を記念した、というよりも、大山のぶ代さんが担当したドラえもん映画のエピローグという意味が込められているようです。
これが、大山のぶ代さんの映画最終作となったのです。

「ドラえもんアニバーサリー25」は、とても短い作品ですが、感動的でぜひ見て欲しい作品です。
「映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝」のDVDにも収録しているので、ドラえもんファンの方は、ぜひ見てくださいね。

たった5分間の作品ですが、過去の作品が一挙に見ることができることはいいことだと思います。

自分の中で忘れていた作品にも出会えるかもしれませんよね。

また、ドラえもんの映画が見たくなること間違いナシです。

株式会社リトルグローブも、オススメしますよ!

« のび太が大好きな「裏山」について | トップページ | 株式会社リトルグローブの原作者の藤子・F・不二雄の遺作 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1442218/40685009

この記事へのトラックバック一覧です: 感動作品「ドラえもんアニバーサリー25」について:

« のび太が大好きな「裏山」について | トップページ | 株式会社リトルグローブの原作者の藤子・F・不二雄の遺作 »

無料ブログはココログ